Event is FINISHED

なんも大学presents『ちゃぶ台の上の秋田〜秋田に醸されナイト〜』

Description

\なんも大学presents/

『ちゃぶ台の上の秋田 〜秋田に醸されナイト〜』


【内容】
2019年6月15日(土)18時〜19時半
料金:1,500円 (当日支払い)
   ※秋田の純米酒&発酵おつまみ分の実費。苦手な方はお茶アリ。
定員:65名
出演:藤本智士(Re:S、のんびり)、三島邦弘(ミシマ社)、星野概念
主催:秋田県ウェブマガジン「なんも大学」



「日々発酵し続ける秋田」について語る熱いトークを開催!

言わずもがなの日本酒をはじめ、Fermentation Tourism Nipponn展にも出品されている「ハタハタ寿し」や「いぶりがっこ」など、秋田には、豊かな実りと冬を生き抜く知恵が生んだ独特の発酵食品たちがあります。

出演は、展覧会『Fermentation Tourism Nippon〜発酵から再発見する日本の旅〜』クリエイティブディレクターで秋田県ウェブマガジン「なんも大学」編集長の藤本智士と、雑誌「ちゃぶ台」編集長でミシマ社代表の三島邦弘。さらに、日本酒大好きミュージシャン&精神科医の星野概念。というなんだか奇妙な組み合わせ。

しかしそんな三人の共通点はなぜか、秋田と発酵!(出身でも在住でもない)
参加してもらえれば、三人が秋田を大注目している理由がわかるはず。秋田自慢の純米酒や発酵食品を楽しみながら、ともに醸されまショー!


【ウェブマガジン「なんも大学」】 https://nanmoda.jp/

秋田県全域をキャンパスに見立て、秋田に暮らす人たちを講師に、その思いと情熱をアーカイブ。そこで学んだ知恵を未来の人たちとシェアする大学のようなネットメディア。それが「なんも大学」です。

今回のトークイベントは、ネットの世界から飛び出してリアルな秋田を味わう場、なんも大学主催「読者交流会」の一環として開催します。読者の皆さん、ぜひ、トークを通じて秋田のディープな発酵文化をお楽しみください!

※会場で配布する「なんも大学」に関するアンケートにご協力をお願いいたします。



【出演者】

◉藤本智士(ふじもと・さとし)

編集者・有限会社りす代表。ウェブマガジン『なんも大学』編集長。
1974年兵庫県生まれ。本展でもクリエイティブディレクターを務めるなど、多くの展覧会の企画運営アートディレクションも行う。著書に『魔法をかける編集』『風と土の秋田』。共著に『アルバムのチカラ』(×浅田政志)、『BabyBook』(×福田利之)など。『ニッポンの嵐』『るろうにほん熊本へ(佐藤健)』など、手がけた書籍も多数。

◉三島邦弘(みしま・くにひろ)

編集者・ミシマ社代表。
1975年京都生まれ。2006年10月、単身で東京・自由が丘にミシマ社を設立。以来、「原点回帰の出版社」を標榜し、「一冊入魂」の編集活動をつづけている。現在は、京都と自由が丘の二拠点体制。「ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台」Vol.4の特集は「菌をもっと!」「やわらかな経済」。今年編集した本は、最相葉月・増崎英明『胎児のはなし』、内藤正典・中田考『イスラムが効く!』、森田真生『数学の贈り物』、益田ミリ『しあわせのしりとり』。

◉星野概念

精神科医 など。
病院勤務の精神科医。執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。著書に、いとうせいこう氏との共著『ラブという薬』(リトルモア)など。

【お申し込み方法】
こちらのページからチケットをお申し込みください。代金は当日、受付にてお支払いをお願いします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#438305 2019-05-28 03:45:33
More updates
Sat Jun 15, 2019
6:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場チケット(1500円 当日支払い) FULL
Venue Address
渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ8F Japan
Organizer
のんびり合同会社
75 Followers
Attendees
65